ライ麦粉「ハンザ」の加工性について
<サワー種で使用した場合>
・「ナチュラル」よりミネラル分が多く、「ヴァンガーラント」より
 過度なフスマ分がないのでライブレッドに適した酸味が得られます。
・作ったサワー種は安定性に優れています。
・作ったサワー種を使用した製品は、全粒粉のサワー種で作った
 製品に比べ腰高になる傾向があります。
<本捏で使用した場合>
・灰分が高いため色濃い内相と、コクのある風香味が得られます。
・多くの水が入り、しっとりとしたパンが出来ます。「ナチュラル」や
 「バイタル」の本捏での加水を80くらいの場合、「ハンザ」を
 使用した本捏では加水が100くらいになります。

【荷 姿】5s 【灰 分】1.0% 【粗蛋白】8.0% 【原材料名】ライ麦粉 小麦粉


                                           以上